【求人2】生産だけが農業?経営を支える農家の相棒!農業コンサルのしごと

【求人2】生産だけが農業?経営を支える農家の相棒!農業コンサルのしごと

業務内容

宮城県山元町を舞台に人も地域も元気にする農業、そして人が集まる農園を目指す農家の相棒として農業経営をサポートして頂ける方を募集します!農業未経験の方でも、博士(農学)号取得者がアドバイザーとして活動に加わるので、どんどん挑戦して下さい。

農業は大きく「農産物の生産」と「経営(営業・販売)」とに分かれます。特に新たに農業を始める場合、栽培技術を学ぶことに多くの時間を割かれるため、経営面が後手に回ることがよくあります。

また、既に就農されている方についても、現在の経営状態を見直すことで収益が向上する可能性があり、農家の経営面を支える人材の需要はますます高まることが予想されています。

この事業では、経営面から単に数字を見るだけでなく、農家の相棒として実際に農作業に従事ながら課題を見つけ出し、1つ1つ改善して頂きます。農業経営と言っても、実はちょっとした作業の改善が中心なので、よく観察し、様々な工夫を楽しみながらできる方が向いています。

サポート・パートナー

農業生産法人(株)畑楽・はたらく(代表/内藤靖人)
https://www.naitofarm-yamamoto.com/

私たちはここ宮城県山元町で元気になる野菜を作ることで、町の方はもちろん、全国のお客様により豊かな生活を送っていただく一助になれればと考えています。

『人が元気であればその人のいる町も社会も元気になっていく』

この発想は東日本大震災後の山元町で生活している中で生まれました。大きな災害から立ち直り徐々に元気になっていく人々と、それに準じて町全体で復活し活発になっていくお祭りや市民活動。

元気があればなんでもできる。元気があれば災害から立ち直り前に進むこともできる。元気があれば。それならば私たちは元気をお客様に提供できる存在になりたい。そう考えて事業を進めていきます。

ミッション

地域資源の発掘に取り組む

条件

・性別は問いません。
・2020年の4月1日現在の年齢が満20歳以上であること。
・一般社団法人ふらっとーほくと業務委託契約を締結した者をマチビトとして委嘱します。
マチビトとは、宮城県山元町を舞台に自分事として働き方、生き方を創造していく方を指します。

1)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条の欠格事項に該当しない方
2)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に該当しない方
3) 3大都市圏をはじめとする都市地域等(条件不利地域を除く)
4) 宮城県山元町に住民票を移動させることが可能な方

※不明な点はお問い合わせ下さい。

■待遇
最大で200万円/年の活動支援(最長3年)
独立時に最大で100万円/1回の支援

■着任時期
2020年4月1日

■活動場所
宮城県山元町内

■勤務条件
週3~5日程度(協議の上で決定します)
農業のため、変則的になります(季節性もあります)

■3年後のイメージ
引き続き畑楽の経営に関わりながら、 他の農家の経営相談等を受ける。

選考

最初に現在の「住民票」がある自治体名をご連絡下さい。
応募の対象となる地域かを調べた上でご返信させて頂きます。

①書類審査(形式は自由)
1)履歴書
2)志望動機・自己PRなど
※原則PDF形式での提出をお願いしていますが、 閲覧できる媒体であれば対応します。

②面接
山元町での実施を予定しています(個々の状況に応じて対応します)
研修場所となる温室などを見て頂きます。

③事業計画の提出
1)年間スケジュール
2)活動計画(就農計画)

内定

※その他、必要に応じて追加の面接、書類の提出をお願いすることがあります。

問い合わせ先

info@flatohoku.jpまでご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です