【11/3-5】2泊3日で北欧風ログハウスをつくろう!

【11/3-5】2泊3日で北欧風ログハウスをつくろう!

北欧から送られてきたセルフビルドのログハウスを2泊3日でつくりきります。お手伝いしてくれるボランティアの方を募集します!

「学生の合宿や、お試し移住で気軽につかえるログハウスの拠点が山元にほしい」‥そんな声を聞いた京都在住の山田さんの想いで始まったプロジェクトです。

建築学部の学生だった山田さんが、初めて山元町に関わったのは、今から40年前。退職するお父さんへの親孝行のために、小さな別荘のデザインをしたのがきっかけでした。…

こんな学生さん・社会人へオススメ

  • 北欧風ログハウスをつくってみたい。
  • 自分の居場所を自分の手でつくってみたい。
  • 普段会えない人との出会いを求めている。
  • 体を動かしたい!
日時:2017/11/03(金) ~ 05(日)  10:00 -15:00
場所:山元町山下地区
集合場所: JR常磐線 山下駅
定員: 6名(お一人さまでのご参加でも大丈夫です。要申込。)
※1日だけの参加も大歓迎です。

費用:無料(食費・交通費・保険代は当日実費でお支払ください)
申し込み:チケットフォームから入力ください。
https://goo.gl/forms/igQzqdjqrNQr08XV2

服装:作業しやすい格好でお願いします。
※雨天時は作業中止となります。

プロジェクトの発起人

山田嘉郎さん(建築家・京都在住)
有限会社 山田建築工房 代表取締役

プロジェクトへの想い

仙台生まれの私が、山元町に関係するようになったのは、今から40年前です。父親が退職し、田園の生活にあこがれ、山下駅近くに小さな別荘を建てるというので、当時、建築学科の学生であった私がプランを作りました。その後父が亡くなり、その家に兄が住み、そして津波に襲われ、父の残した別荘は取り壊しを余儀なくされました。父の遺産を何らかの形で、できれば山元、町の復興に役立つ形で活用できないか、そう考えています。この空間が地元に愛される空間になるよう、ご協力お願いいたします。

大工さんプロフィール

中村さん
北海道生まれ、山元町在住。
ミガキハウス(鷲足区)などの建築に関わった職人肌の大工さん。山田さんの想いに共感し、このプロジェクトに参加。

企画運営:やまもと関係案内所マチビト
連絡先:電話:080-6005-6969(阿部)
メール:info@flatohoku.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)