体験を売る農家のプロデューサー求む!・募集終了

体験を売る農家のプロデューサー求む!・募集終了

畑楽(はたらく)代表の内藤靖人さんは震災ボランティアを経て埼玉から宮城県山元町に移住し、沿岸部で農業をしています。今年からスタッフ2名を加え、法人化、耕地面積が5.8ヘクタール(東京ドームの1.2倍)と規模を拡大中です。

今回は、『体験を売る農園プロデューサー』の募集です。内藤さんと相談しながら体験農業を企画し、実際に開催してもらいます。農業の魅力、大変さを知ってもらいながら、畑楽のファンを増やすとともに、山元町を訪れてもらうきっかけづくりです。最終的に、内藤さんと一緒に畑楽で働いてもらう仲間探しにつながればという意図もあります。

農業経験は不問です。農業‥特に土を相手にした農業に触れたい方、企画づくりから実施の全てに関わりたい方、これまでの学びを現場に還元したい方などなど、気軽にお問合せ下さい!

<余談ですが‥>
このプロジェクトの最初の設計・営業は、2018年に山元インターン1期(0期?)として活動した東北大学・町田君でした。待てば海路の日和ありということで、1年越しでかたちとなりました!また、記事の写真は旅するカメラマンとして山元町を定期的に訪れている栗原大輔さん撮影です。

詳細は以下のサイトから!

https://www.project-index.jp/intern/18402

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です